Allegro Moderatoな日常

PC、音楽、食事など、その時はまっている事柄についてそこはかとなく。

センサーバーを自作

とりあえずWiiリモコンがPCに接続されましたが、これだけではレーザーポインタのような
マウス操作はできません。
センサーバーとよばれている、TVの前に設置する機器が必要です。
私はWiiを持っておりませんので、これをなんとか入手する必要があります。

実はこのセンサーバー、センサーとは名ばかりで両端に赤外線LEDが5個ずつ入っているだけの代物。
自作も容易なようで、ネットで検索するといろいろヒットします。
しかも、赤外線LEDでなくても、ロウソク2本立てるだけでもいいらしいです…w

ロウソクも魅力的なのですが消耗品なので、半永久的に使える
赤外線LEDでセンサーバーを自作してみることに。
まず設計(というと大げさですがw)から。

GP01回路図

電源はUSBからとり、両端で1個ずつ赤外線LED、D1、D2を灯します。
赤外線LEDは東芝のTLN115A(F)を使いました。20mAぐらいの電流を流すことを考えて
保護抵抗を130Ωに設定。どちらもマルツパーツ館から通販で購入しました。
まったく便利な世の中になったものです。
(抵抗は100個単位になってしまいますが…w)

D3は通電確認用のLED。うちに転がっていたあり合わせのLEDと抵抗を使うことに。

GP01
擬似センサーバー試作1号機。

試作なのでまだケースはありませんw
これをTVに紙テープではりつけて、Wiiリモコンを操作してみると…
おおう、レーザーポインタみたいにマウスカーソルが動きますよ!
筋肉の微妙な動きでプルプル動いてしまうのはしかたありませんが、
しかし思っていたより悪くないフィーリングです。


しばらくいじっていてある問題に直面しました。
2mぐらいはなれると、もう赤外線LEDが受光できなくなり、
コントロール不能になります。
本物のセンサーバー、伊達に5個ずつ入ってるわけじゃないんですね…w
ということで、左右に赤外線LEDを3個ずつ具備した試作2号機を設計。
(計6個な理由は、通販で6個しか買っていなかったからですw)

GP02回路図

R2からR7は合成して1個の抵抗にできますが、130Ωの抵抗は腐るほどありますのでふんだんに。
1号機では直列に2個つないでいた赤外線LEDを1個にして、電流もアップさせ明るく。
(とは言っても見えませんがw)

GP02
擬似センサーバー試作2号機。

さすがに大火力。2、3m離れても操作できるようになりました。
R2の電圧降下を計ってみると3.92Vで、赤外線LED1個あたりの電流は約30mA。
赤外線LEDのスペック的には余裕なのですが、
合計200mAちかく電流が流れることになります。
USB2.0規格の許容電流が500mAですから、4割ぐらい使っていることになります。
(USB1.0だと100mAで、明らかにオーバー。)

しばらくはこれで様子見。
ゆくゆくはWiiリモコンBボタンのON/OFFにあわせて、LEDのON/OFFも
連動する火器管制システムをつけてみたいところw

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegro.dtiblog.com/tb.php/204-95f04f57

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Calendar

09 | 2017-10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Comments

Profile

son

son

ババ〜〜トリック♪

Monthly

Recent Entries

Recent Trackbacks

Appendix

顔文字教室

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse