Allegro Moderatoな日常

PC、音楽、食事など、その時はまっている事柄についてそこはかとなく。

「チーム・バチスタの栄光」の試写会

「チーム・バチスタの栄光」の試写会を見に、六本木ヒルズはTOHOシネマズへ行ってきました。
(なにげに初六本木ヒルズ。)

完成披露試写会ということで、出演者の舞台挨拶がありました。
主演の竹内結子さんは、袖から舞台に出てきた瞬間から芸能人オーラを
ふんだんに発していました。やっぱり綺麗ですね〜(´ー`)
共演の阿部寛は髪型のせいか、最初別人かと思いました(すごく若く見えました)。

チーム・バチスタの栄光のあらすじはこちらをご覧になったほうが判りやすいと思いますが、
ネタバレしない程度にかいつまんでお話すると…

患者の心臓を一旦止めるために、成功率60%という難しい心臓外科手術「バチスタ」。
この難しい手術を26回連続で成功させている医療チームがあり、
「チーム・バチスタ」と呼ばれていました。
しかし、その完璧を誇っていたチームで、3回連続の術死者が出てしまいます。
不審に思ったリーダー(吉川晃司)は調査を依頼、外科とはまったく無縁な
心療内科医師(竹内結子)と、厚生労働省の役人(阿部寛)が調査にあたりますが…

チーム・バチスタの7人誰もが犯人にも思え、また、誰もが犯行できない状況にも見えます。
いったい誰が犯人なのか?共犯は?そもそも犯人などいないのか?
疑惑が渦巻く中、また一人患者が命を落とし…

と、こんな感じ。

阿部寛は変人役が板についてきてますねw
池内博之の眼力はすごかった。
ココリコ田中は、どうしても「天国の階段」のテファお兄ちゃん(シン・ヒョンジュン)に
見えてしまって、笑ってしまいます…w

作者にうまく誘導されてしまったかなー、という感想です。
私が犯人だと思った人は結局シロで、これは作者の思惑通りだったんじゃないかと。

術後、患者の心臓が再び動くか動かないかという場面は、
思わず息をのみます。

心臓の弱いかたは、心臓が止まらないようにご注意を…w

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegro.dtiblog.com/tb.php/121-5110af62

『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

1/23に行った1ヶ月ぶりの舞台挨拶。2008年1発目は、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した現役医師・海堂尊原作『チーム・バチスタの栄光』登壇したのは、竹内結子、阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、佐野史郎、中村義洋監督、原作者・海堂尊。.

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Calendar

10 | 2017-11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Comments

Profile

son

son

ババ〜〜トリック♪

Monthly

Recent Entries

Recent Trackbacks

Appendix

顔文字教室

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse